最近の日本は、少子化が続いていて、子供の数が少なくなってきています。

その反動か、ペットブームが久しく続く日本は、
犬猫の飼育数は、増加しています。

 

現在、日本の犬の飼育数が、1200万で、猫が1000万くらいです。

犬に比べると少ないですが、十分、多くの方が、猫を飼育されています。

 

でも、ペットというより、犬も猫も家族の一員ですよね?

家族の一員である愛猫の夏場の暑さ対策は、必要です。

今回は、愛猫の暑さ対策、熱中症予防についてお伝えます。

スポンサードリンク

猫も熱中症になる

 

犬に比べると猫は、暑さに強いというイメージがあるようです。

その理由は、猫の進化の過程が関係しています。
猫の祖先は、リビアヤマネコです。

 

このリビアヤマネコは、砂漠に棲息していたため、
遺伝的にも、猫は暑さに強いというイメージにつながっています。

 

犬に比べると確かに、暑さに強いとは思いますが、
完全に室内で飼っている猫の場合には、そうとも限らないです。

 

夏場、室内が高温になって、汗をかいても、
猫は、多くの汗腺をもっていないため、汗で体温調節が効かないからです。

 

また、夏場は湿度が高いため、舌を出して呼吸をしても、
湿度が高い場合、蒸発しにくく、気化熱が発生しないため、体温が下がりにくいのです。

 

夏場、高温の部屋にいつづけると猫でも熱中症になるのです。

それでは、暑さ対策はどうすれば良いのでしょうか?

風通し良くする

窓を締め切ると熱がこもりますから、窓を少しでも開けて、
風通しを良くするのです。

 

この暑さ対策は、防犯上の問題がない場合にのみ有効です。

スポンサードリンク

 

猫だけで留守番させる場合には、有効ではないかもしれませんが、
自宅に、一緒にいる場合には、考慮してみてくださいね。

 

窓を開けて、風通しを良くするのが難しい場合には、
やはり、クーラーを使用して下さい。

 

猫にとっての適温は、28℃前後といわれていますので、参考にしてみてください。

冷やし過ぎは、猫にとっては、NGですので、やらないでくださいね。

 

うちの猫は、クーラーで冷やしすぎると、違う部屋に移動してしまいます。
それほど、冷やしすぎる風が好きではないんだと思います。

猫が移動できるように

猫が、冷たい所を探せるように、部屋を移動できるようにしておくのも、
暑さ対策になります。

 

1部屋は、クーラーをつけて、少し高め29℃程度に設定しておいて、
ドアを開けておけば、猫が自由に移動できて、快適な場所を猫が探すことができます。

 

部屋の窓のカーテンを遮光カーテンにしておいて、直射日光を遮らせておくことも、
部屋を高温にしないためにいは有効です。

 

 

もし、お風呂場の床がひんやりしているのであれば、猫の絶好の涼むポイントになりますから、

お風呂場も行き来ができるようにしておく良いでしょう。

 

もちろん、お風呂の水は抜いておいてくださいね。愛猫の水難事故防止のためです。

まとめ

いかがでしょうか?

愛猫の暑さ対策をご紹介しました。

 

最近は、温暖化の影響か猛暑日や熱帯夜の夏場が多くなってます。

猫は暑さに強いと思わず、暑さ対策をして熱中症や夏バテに
ならないように、気をつけてあげてくださいね。

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に