メールが、なぜか読んでもらえていないって感じてませんか?

 

また、返信が妙に遅かったりとメールを真剣に読んでもらえているのかと思う場合がありますよね。

 

そんな時、ちょっとした工夫で、メールを確実に読んでもらいやすくする簡単な方法があります。

スポンサードリンク

初めに見るのはタイトル

 

メールの受信箱を開いた時に、はじめに目にするのは
メールのタイトルです。

 

メールのタイトルを疎かにしてはいけません。

タイトルを何も付けない人もたまにいますが、
かなりもったいないなぁと感じます。

 

必ず、タイトルは注意を惹くタイトルをつけてくださいね。

その上で、次の方法を合わせて使ってみてください。

ぜひ、試して反応をチェックしてみてくださいね。

 

 

必ず、相手の名前を入れるようにする

 

メールといって、人と人とのコミュニケーションのツールの一つに過ぎないことを忘れないで下さい。

 

何をいいたいかというと、メールを使っていると言っても、
目の前で話しているのと変わらないようにするほうがメールが読まれやすくなるということです。

 

その時重要なのが、相手の名前をメールのタイトル、本文にいれることです。

スポンサードリンク

 

 

目の前で話していて、相手が真剣なのが、適当に話を聞いているのかわかります。

これは相手の問題だけでなく、話す方の問題であることも多いんです。

 

それは、誰に向かって話しているのか明確で無い場合です。

話している相手が、明確であれば、相手も無碍な対応を取りにくくなります。

 

メールでも同じことです。

このメールは、あなたに向けて書いていますよとさり気なくアピールするのです。

 

個人的なメールでも、相手の名前をいれることで、メールの目的も明確になるんです。

 

 

ただし注意点としては、多用はさけることです。

また、メールの長さによっても、数を変えることです。
短い場合には、タイトルだけなどさり気なさを工夫するとよいでしょう。

 

人間は、人から頼りにされている、信頼されていると思いたい心理的欲求があります。

 

この心理的欲求に基本的なものが、名前認識されていること、名前を読んでもらえることなんです。

これは心理学の面からも、実験で証明されていることなのです。

 

 

まとめ

 

メールの送信フォルダを見返して、相手の名前をメールタイトルにいれているか確認してくださいね。

 

いきなり多用するのは危険ですが、徐々に、増やしていく、さり気なく増やしていって、メールでのコミュニケーションを円滑にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に