相思相愛で付き合った彼氏や彼女。

 

この人が運命の人だと感じて、燃えた恋愛。

 

でも、付き合ってみて、どうも運命の人ではないと感じた場合や、
他に、好きな人ができた場合に、彼氏、彼女と別れたいけど
どうしたら、良いか悩んでいませんか?

 

こんな時、相手を傷つけずに、上手にそして自然に別れる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

大原則は、自分からフラないこと

彼氏、彼女と上手に、自然に別れるためには、
まず、大原則があります。

 

それは、決して、自ら相手をフラないことです。
逆を言えば、相手からフラれることなんですね。

 

まず、この相手からフラれることを覚えて下さい。

好感を持たれることの逆をする

2b17a5a1f2f6ad53509b37a88c822e5c_s

では、相手からフラれるにはどうしたらいいのか?

それは、相手に嫌われることですよね。
嫌われるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

具体的は、難しいですよね。

 

でも、こう考えるとわかりやすいでしょう。
好感を持たれる好意の全て逆の行動を、2人の関係で行うんです。

 

具体的な方法をご紹介していきましょう。

 

1.相手が話している会話の内容について、同じ内容を話す

 

相手が話していることについて、同じ話題を話すことを
ミラーリングといいます。

 

人間は類似する人を、好む傾向があります。
人は自分と似た人を好きになるということです。

 

話の内容について、話すということは、
同じ共通点があると思って、好意を持つんです。

 

嫌われるには、逆に、相手の言った話した内容には
 一切触れずに、違う話題に変えることです。

なるべく違う話をしてみてください。
好意がないというサインが伝わります

スポンサードリンク

 

2.相手の話には、肯定的に返す

 

相手の話す内容に、肯定的な反応を返すことで、
相手は、自分を受け入れてくれると思い、好感があがります。

 

嫌われるには、逆に、否定的に返すことです。

相手の発言に対し、常に「でも」や「だって」と言葉を返します。

 

また、相手の発言を、それとなく何回か聞き直すということも
効果的です。 相手の発言に興味がないとうサインを送れます。

 

3.メールを同じように反応

メールのやり取りをする場合、相手のメールの文面の長さに
よって、返す文面を同じにすると好感を持たれます。

 

長文のメールは、長文のメールを返信します。
短文のメールには、短文のメールと返信するとう感じです。

 

1.と理由はほぼ同じです。

 

嫌われるには、この逆を行います。

 

長文のメールは、短文のメールを返信します。
 短文のメールには、長文のメールと返信するとう感じです。

 

以上のことを繰り返すと、相手は、自分の感覚と合わない人だと
思って、別れを切り出してきます。

一刻も早く別れたい場合は?

もう生理的に無理という場合もあるでしょう。
一刻もはやく別れたいという場合はどうしたらいいのでしょうか

 

この場合でも、やはり、自然に別れたい場合には、
ある程度、紹介した方法で、自分に興味をなくさせるように行動してください。

 

ある程度、興味がなくなった段階で、女性を紹介する機会をもうけてください。

できれば、自分よりもかわいい感じの子が良いです。

 

さりげなく、女性を紹介してみてください。
興味が、女性に向いていくはずですよ。

まとめ

どうでしょうか?

彼氏、彼女と上手に、自然に別れる方法をご紹介しました。

 

昨今、ストーカー被害が急増していますから、
パートナーと自然に別れるということは重要になっています。

 

相手に好感を与えることの逆の態度をとるとう
逆転の発想の方法をお試し下さいね。

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に