学生だから、お金が無いのは当たり前だと思っていませんか?

学生だってできる貯金の方法があります。

 

貯金の方法を学生時代に知っておくことで、社会人になってから苦労しません。

学生でもできる貯金の方法とは?

スポンサードリンク

学生の貯金の平均額は?

 

大学生の平均貯金額は、約40万円前後というアンケート結果があります。

 

これを多いとみるか少ないと見るかは、ひとによって違うと思いますが、
平均というのは、高額の人に引っ張られる傾向があるという点は考慮してもよいでしょうね。

 

だいたい、平均貯金額がわかりました。

貯金の方法の前に、今、自分はくらいの位置にいるのか知っておくことは良いことです。

 

 

目標額を決める

 

 

まずは、貯金の目標額を決めて下さい。

これはいくらでもかまいませんが、目標額がイコール目的に

つながるようにするとさらによいでしょう。

 

1年後に、卒業旅行があるから、それまでに10万円貯めるという感じです。

目標額が決まらないことには、何もはじまらないのです。

 

 

期間を決める

 

 

目標額を決めたら、次は貯金をする期間を決めます。

 

先に出した1年後など、かならず期間を設定してみてください。

 

はじめて貯金に取り組まれる方には、半年など短期間を設定することをおすすめします。

スポンサードリンク

 

 

毎月の金額が決まる

 

貯金の目標額と期間を決めれが、毎月いくら貯金しなければいけないからがわかります。

1年後 10万円貯めたいのであれば、毎月8,350円程度、貯めれば達成できます。

 

いかがですか? 1年後に10万円貯めるというよりも、
毎月8,350円を貯めるという方が、具体的な方法が見えてきませんか?

 

そうこれが大事なんです。 毎月の貯金額を明らかにして
具体的な貯金方法を思い浮かぶことが大切なんです。

 

 

学生時代は使うことも必要

 

学生時代には、貯金のみを目的にしないで、
自己投資のために貯金をすることも必要です。

 

そして、一番のポイントは、学生時代に、
貯金をしてお金を貯める結果が大事なのではありません。

 

何が大事かというと、貯金をする習慣を身に付けることなんです。

 

そのために、目標額と期間を決めることが、貯めるために必ず必要な事になります。

 

貯金をする習慣、貯金をした経験が、社会人になったあとに
必要なスキルなんです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

学生だってできる貯金の方法ということで、
裏技的なことを期待したかもいらっしゃると思います。

 

学生時代は、貯金する習慣が大事ということが
理解していただけたでしょうか。

 

学生時代を有意義に過ごして下さいね。

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に