お彼岸って、いつか知っていますか?

 

春分の日と秋分の日に関係しています。
そしてこれは国民の祝日に制定されていますよね。

 

また、お彼岸にすることも、ぜひ、知って下さい。
そして、お彼岸の意味を知って下さいね。

スポンサードリンク

お彼岸はいつ?

 

お彼岸の時期は、年2回あります。

春と秋の2回になります。

 

その年の春分の日と秋分の日を中間として、
「彼岸の中日」といい、前後3日間がお彼岸の期間になります。

 

それぞれの初日を「彼岸入り」といい、終日を「彼岸明け」といいます。

 

お彼岸にすることは何?

お盆の時のような行事や飾りづけなどはしませんが、
一般的には、中日の前後にお墓参りに行き先祖供養し、先祖に感謝をすることです。

 

お墓の掃除も欠かさないようにしましょう。

 

また、お家に仏壇がある場合は、仏壇や仏具も掃除します。
そして、おはぎやぼた餅や季節の果物などをお供えしましょう。

 

おはぎとぼた餅の違いとは?

お彼岸の際に、供え物としての代表的なものは、「ぼた餅」と「おはぎ」です。

スポンサードリンク

でも、違いは何なのでしょうか?

 

違いは、ほとんど同じなのですが、春と秋で季節を代表する植物から

名前が付けられただけだと言われています。「ぼた餅」は牡丹で、「おはぎ」は萩です。

 

春のお彼岸の頃に牡丹の花が咲き、秋のお彼岸の頃には萩の花が咲くことに由来しているんです。
また牡丹の花は大きく、萩の花は小さいため、ぼた餅は大きく、おはぎは小さく作られています。

 

 

暑さも寒さも彼岸まで

暑さも寒さも彼岸までと聞かれたことがあるでしょう。

 

 

春のお彼岸は、昼の時間が長くなり気温も上がる時期であり、

秋のお彼岸は、その逆で昼の時間が短くなり気温が徐々に

下がってくるとからということで、暑さも寒さも彼岸までという慣用句が生まれんたんです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

案外、お彼岸の事を知らないことも沢山あったのではないでしょうか?

 

 

ご先祖さまのおかげ様、今の自分がいることに感謝したいですよね。

毎日は難しくても、年数回、お盆も含めて、

ご先祖さまに感謝するのはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

タグ: , ,

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に