現代社会で、多忙で、多くの人がいつも疲れを感じている世の中。

 

ビジネスマンやOLはもちろんのこと、主婦や学生なども、
仕事や学校等で、ストレスを感じて、疲れをためているひとばかですよね。

神経が張り詰めたり気力が充実しているときは、体の疲労に気づきにくいものです。

 

疲労が蓄積すると、心身の不調を招くことから、病気になることも。

疲労をとることは、病気予防につながります。

 

ぜひ、あなたの今の体の疲れ度をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

疲れ度チェックリスト

 

次にあげるチェックリストをチェックしてみください。

 

あなたの疲れは心配する必要があるのか、心配ないのか、
疲れを解消したほうがよいのか、わかります。

 

最近の1ヶ月の自覚症状から判断してください。

スポンサードリンク

 

  1. 気が付くとイライラする
  2. なぜか不安だ
  3. 落ち着かない
  4. 憂鬱だ
  5. よく眠れない
  6. 体の調子が悪い
  7. 物事への集中力がない
  8. ミスを起こすことが多いと感じる
  9. 仕事中など、強い眠気に襲われることある
  10. やる気がでない
  11. いつもへとへとな感じがする。(運動後を除きます。)
  12. 朝、起きた時、すっきりせず、ぐったりとした感じがする
  13. 以前に比べて疲れやすいと感じる

 

いくつ該当しましたか?

 

該当個数が3つ以上

 

チェックリストのうち、3つ該当する方は、
体に疲れがたまっており、慢性的につかれを感じている可能性あります。

 

日々その都度、疲れを解消するようするとよいです。

このチェックリストは、厚生労働省が作成した「労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリスト」になります。

 

信ぴょう性はたかいですよ。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

あなたはいくつ該当しましたか?

 

慢性的な疲れは、病気につながる可能性があるので、
疲れは、その日その日に解消するよう心がけてくださいね。

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に