誰でも、年に数回、風邪や風邪気味になることありますよね。

風邪の時にはお風呂は良くないと言われますが本当なのでしょうか?

 

まだ、風邪の初期症状のみだから、お風呂は大丈夫か?
それとも、風邪を早く治すためにはお風呂を控えたほうが良いのか?

 

これは本当なのか迷信なのか? その理由も合わせて、お伝えします。

そして、風邪の時、お風呂を利用して、早く治す方法をお伝えします。

スポンサードリンク

 

風邪の時、お風呂は良くないと言われていた理由

昔は、風邪の時、お風呂は良くないと言われていたのは本当です。

 

しかし、それは昔は、家にお風呂がなくて、銭湯にでかけてお風呂に入っていたため、
家に戻るまでに湯冷めしやすく、湯冷めが風邪の時には悪いからだったんです。

 

今は、家にお風呂がありますから、お風呂に入ってから、すぐに体をよく拭き、
湯冷めをしないようにすることは可能ですから、湯冷めに気をつければ風邪の時も、お風呂に入っても良いんです。

 

お風呂にはいることで、体があったまって、ヒートショックプロテイン効果で
免疫力が高まります。

 

 

高熱の場合は、お風呂は控えましょう

風邪の時にも、お風呂に入ることは良いことだということが
わかりましたが、気をつけたい点もあります。

 

次の症状の時には、お風呂は控えましょう。

 

高熱がある場合
お風呂にはいると案外、体力をつかうのです。
高熱の時は、体ががんばってくれていますので、
体力をそちらに使うほうがよいのです。

 

ちなみに高熱は、体のウィルスなどを殺すために体の防衛本能の反応です。
40度以上であれば、熱さましのお薬を使うのはよいですが、
できるだけ、体の防衛反応を信じてみてください。

 

 

風邪を治すお風呂の入り方

野口整体というところでは、風邪は治すというよりも、早く通過させるという考え方があるんですよ。

スポンサードリンク

 

そして風邪は、体の掃除になるので、風邪をひいいて、早く通過させるのは
かえって体の調子を整えるのはよいそうです。

 

風邪を治すさせるお風呂の入り方をご紹介しましょう。

 

1.口の中に生水を含んでグチュグチュさせながら、
 少し熱めのお風呂に2~3分入ります。

生水とは飲料に用いる水で、煮沸していないものです。
お風呂の水道水を利用するとよいでしょうか。

 

2.口の中に含んだ生水を捨てます。

 

3.足はお風呂の中ままで、お風呂に縁に腰掛けます。
 できれば、温度を2度程度あげてください。

お風呂に使っていない体の部分を、
タオルでよく拭いておいて下さい。

 

 

4.体を良く拭き終わったら、再度、生水を口に含んで、
 クチュクチュさせながら、熱めのお風呂に2~3分はいります。

 

5.お風呂から上がったら、体をよく拭いて、
 湯冷めしないように、厚着をします。

体を拭くときは、手足の末端から中心に向けて拭くとより良いです。

お口に含んだ水は、捨ててください。

 

 

6.すこし多めの水分をとります。

 

 


なぜ、水を口に含んでクチュクチュさせるのが、必要な理由。

この口に水を含んでクチュクチュさせて、
吐き出すことによって、体は、「なんで?飲んでくれないの?」と思うんです。

それを繰り返すと、体は、今度水を飲んだ時には、
吸収してやろうと思うのです。

なので、水の吸収率を良くするためというのが理由なんです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

風邪の時、お風呂にはいることが悪いということはなくて、
湯冷めすることがいけないことなのがわかっていただけたでしょうか。

 

お風呂の入り方によって、風邪を治すこともできますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に