七五三は、子供にとって大切な行事ですよね。
子供が7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う大切な日本伝統的な行事ですしね。

 

不幸にも、もうすぐ七五三という時に、身内に不幸があった場合、
七五三をやったほうが良いのか? 延期したほうが良いのか?悩みますよね。

 

実際の所、どうなのか紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

喪中は神社の鳥居をくぐってはいけない理由

 

神社は、神道が元になっていますので、
神道の宗教観がもとになっています。

 

また、正確には、喪中ではなく、忌中の間に、
神社の鳥居をくぐってはいけないのです。

 

忌中とは、神道の「穢れ=死を忌む期間」の考え方から、
鳥居をくぐってはいけないと言われているのが理由です。

 

現在の天皇家(神道)も、忌明け以降は公務を再開します。
われわれも、普通の生活に戻って良いということになります。

 


ちょこっとメモ
鳥居をくぐるというのは、神社の敷地に立ち入ることを比喩表現したものです。

忌中でも鳥居をくぐらずに、鳥居の横から入れば大丈夫思っている方も
いらっしゃいますが、間違いですので、気をつけて下さい。

忌明け以降であれば、七五三を行っても良い

 

忌明け以降であれば、七五三を行っても良いのです。

スポンサードリンク

では忌明けは、何日なのでしょうか?

 

忌中は現代では仏教で四十九日、神道では五十日となっています。
神社は、神道になりますので、五十日以降であれば、
七五三を行ってもよいのです。

 

実際に、ほとんどの神社では、亡くなってから50日が
過ぎていれば問題ないそうです。

 

ただ、本当に少ないながらも神社によって違う場合があるので、
神社本庁に問い合わせれば、回答をいただけるので確認してください。

身内の反対があった場合

お年寄りの中には、忌明け以降であっても、一周忌を行うまでは、
お祝い事をやるのを控えようと反対される場合があるでしょう。

 

忌明け以降であれば、神社としては問題なくても、
最終的には、個人の判断となると思いますが、延期も考慮してみるとよいでしょう。

 

それでも、七五三を行いたい場合には、同時にお祓いをしてもらうようにしましょう。

 

神社本庁の案内では、「気になるなら御祓いを受けましょう」と記載されていますので、
これを説明してあげると良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたか? 意外と知らなかったこともありますよね。
神社はよくっているけど、神道はよくわらかかったりしますよね。

 

喪中に七五三をするなら忌中を開けてから行うようにしましょう!

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に