太陽からあびる紫外線!

 

お肌から紫外線の影響を守る日焼け対策されてますよね。

 

しかも、夏だけではなくて、春から紫外線の量が増えてきているから、

春から日焼け対策されているかたも増えてきていますよね。

 

でも、知っていましたか?

紫外線対策、UVケアだけでは、お肌のシワやタルミが予防が完全ではないんですよ?

 

太陽からは、紫外線だけでなく他の光線もでてきているのですが、
最近、研究が進み近赤外線が、お肌に与える影響があることがわかったんです。

 

今回、近赤外線対策についてお伝えします。

スポンサードリンク

紫外線対策する理由

 

改めて紫外線対策をする理由を考えてみます。

 

紫外線対策を行う理由については、アンケートをとると
ダントツの理由としては「しみ・そばかすの予防」なんですね。

 

次に、「しわの予防」「白い肌を保つため」が続きます。

 

そうなんですよね。お肌の老化を予防するためには、
紫外線対策をするというのは当たり前ですよね。

 

中には、目の病気予防のためという方もいらっしゃいます。

 

でも感じていませんか?

紫外線対策しているんだけど、しみやそばかすができていたりして
紫外線対策が十分ではないのかなぁと感じいませんか?

 

実は、最近研究が進んで、紫外線だけが、お肌に影響があるわけではなくて、
他の光線も影響があることがわかってきたそうです。

 

その中でも、近赤外線が、お肌には影響があるそうです。

近赤外線とは?

 

太陽から降り注ぐ光線の約半分を占めると言われているのが、
近赤外線です。

 

紫外線は、約10%程度です。残りの40%可視光線です。

紫外線の波長より、近赤外線の方が、光の波長が長いんです。

 

これを簡単にいうとい、お肌の深いところまで、
光が到達するという意味になるんです。

 

近赤外線は、筋肉まで到達するんです。
筋肉組織に影響があって、たるみやシワの根本的な老化の原因になるんです。

 

だから、紫外線対策だけでは十分ではないんですよね。
しかも、紫外線対策の日焼け止めでは役に立たないそうです。

スポンサードリンク

 

近赤外線対策とは?

では、近赤外線対策はどのようにすれば良いのでしょうか?

 

以下に対策をあげてみます。

 

紫外線対策と同じ肌を露出を控えること

長袖、長ズボン、帽子やサングラスで帽子すること。

上着の素材としてウールを使用しているものが良いそうです。

ウールには近赤外線を吸収してくれる効果があるからです。

 

近赤外線対策の日焼け止めを塗ること

近赤外線対策の日焼け止めには、NIR PROTECT と表記があるので、

対策できる日焼け止めを使いましょう。
エビーゼ【ヒカリエイジング】は、近赤外線対策としては有名ですね

 

お肌を洗い過ぎない

お肌の洗いすぎは良くないと言われています。

皮脂が近赤外線をブロックしてくれるからなんです。

だから、お肌を洗い過ぎないこと、洗ったら、化粧水なのでケアが大切です。

 

食生活にビタミンCを多く採り入れる

紫外線対策と同様に、ビタミンCは抗酸化作用がありますから、

近赤外線対策には有効だそうですよ。

近赤外線は、太陽光だけではなく、テレビやパソコン、

こたつなどからもでていますから、注意が必要です。

 

パソコンで、ブルーライトカットのメガネが流行りましたが、

近赤外線対策されてるものもあるので、利用してみてください。

 

メガネの商品説明に、近赤外線カット率が表記してあるものがあります。

高いカット率のものを利用すると良いですよ。

 

まとめ

いかがでしょうか?
紫外線対策だけではなくて、近赤外線対策対策で、
お肌を守る必要性はわかっていただけたでしょうか?

 

ただ、直ぐに悪影響がでるわけではないですし、
人間の体には、近赤外線をあびることでメリットもあります。

 

大切なのは、長時間、無防備に近赤外線を浴び続けることです。

 

不必要な部分はブロックするようにこころがけてくださいね。

今回をきっかけに、お肌の対策になれば幸いです。

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に