夏も近づくと、紫外線対策が気になりますよね。

ご自身の場合は、日焼け止めを塗って、
紫外線対策していると思いますが。。。。

 

赤ちゃんや子供への紫外線対策をしていますか?

赤ちゃんや子供の肌は、まだまだ皮膚が成長期で、
未熟のため、紫外線に影響が大人より受けやすいんです。

 

特に夏になって、水遊びさせる場合の紫外線対策はとても大切です。

 

今回は、水遊びの際の紫外線対策で、日焼け止め以外の
方法をご紹介します。

スポンサードリンク

なぜ、紫外線対策が必要なの?

 

人生において紫外線を浴びる量の内、
半分以上は、18歳までに浴びていると言われています。

 

18歳以下の人生で、紫外線の浴びる量が多いと、
晩年の皮膚がんや白内障などの病を発症するリスクが高まるといわれています。

 

子供時代の紫外線対策は、侮れないものがあるんですよね。
さらに、赤ちゃんやまだ、小さい場合には、自ら紫外線対策が
できませんので、親御さんがしっかりと対策することが必要なのです。

17ba05f1c52bab554961281b18ec854d_s

基本は日焼け止め

日焼け止めを塗ることは基本だと思って下さい。

皮膚を直接ガードしてくれますので、安心です。
また、今は赤ちゃん、子供用の日焼け止めが販売されていますので、
賢く活用しましょう。

 

SPF・PAが高すぎず、オーガニックなものを選ぶことも忘れずに。
オーガニックであれば、お口に入っても安心です。

スポンサードリンク

 

汗などで、落ちてしまうので、定期的にチェックしてください。
数時間毎に、塗り直すことも忘れないで下さいね。

日焼けが絶対悪いわけではない

 

皮膚がんや白内障の発症率に関係する紫外線ですが、
悪いことばかりではありません。

 

日光を浴びるのは、ビタミンDの生成の為に必要です。
このビタミンDが、骨や歯の形成に必要なのです。

 

長く浴びすぎるのは悪影響なのです。
骨や歯の形成するためには、1日10分で十分だと言われているので参考にしてください。

水遊びの紫外線対策は、ラッシュガード

 

ラッシュガードは、一般的に、サーフィンなどのマリンスポーツのウェアとして
日焼け防止(紫外線防止)の保護として愛用されているウェアです。

 

つまり、日焼け(紫外線防止)ウェアのことを言います。

 

最近は、赤ちゃん、子供用のラッシュガードが
販売されていますので、活用しましょう。

 

ほとんど、水着と同じとなのですが、素材にUVカット素材が使用されています。

また、速乾性、撥水性も高いので、着心地が良いんですよね。

 

マリンスポーツで使用されるので、体をあたためる保湿性も高いので、
1枚着るだけでも、寒くないんです。

 

海などで、風が強いと寒く感じますが、ラッシュガードが
保湿性が高いので安心です。

 

ラッシュガードで隠れない部分に日焼け止めを塗って併用するとよいでしょう!

また、帽子も併用してみてください。
UV対策されているフラップハットをおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

 

かわいいラッシュガードが沢山販売されています。

 

お子さんの紫外線対策は、日焼け止めを基本として、
ラッシュガードを使用てみてくださいね。

スポンサードリンク

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に